(株)金井畳店 家紋 江戸の粋を今に伝える畳屋さん!!
四代 畳一筋

株式会社 金井畳店をどうぞ宜しくお願い致します。
TOP
ようこそ!!ちょっとおいでよ 金井畳店へ!!

いさおくん  いろはちゃん
   案内役のいさお君          案内役のいろはちゃん


お客様に対する、畳の製品情報

畳業界のニュースなどの、情報発信

金井畳店の新情報などをご紹介します。

是非ごらん下さい。






いさおくんいろはちゃん 大変にご無沙汰しております。皆様におかれましてはいかがお過ごし

 でしょうか?梅雨時期の真っ只中。毎日ジメジメと暑く、湿気の多い日が続きます。

 体調には十二分に注意して参りたいですね。そんな中での十二っ針目。

 では早速、張り切って参ります。今回の「十ニっ針目」はこんな季節だからこその

 
「湿気・湿度・カビ」について勉強出来ればと考えております。


いさおくん    日本は夏の高温多湿はもちろん、春の長雨、秋の台風、冬の積雪と

 湿潤な気候が特徴なのは、日本に四季があるために、四季折々の特徴があります。

 特に夏の梅雨を中心とした時期は、もっとも生活しづらい季節でもあります。昔の古い

 日本家屋ではこうした気候風土に配慮した木造で、開放的な住宅が中心的でした。

 そのためにカビの発生も梅雨時期に限定されていました。しかし近年、生活水準の向上

 や、建築様式の変化により
「開放型」から「気密型住居」へと変化しました。こうした変化

 により、お住まいの住環境は、
住む人にとって快適であると共に、カビにとっても快適な

 環境になったと考えられます。



いろはちゃん  近年の住環境、
密閉された空間では空気が滞留し、室内で発生した水蒸気

 は様々な場所に結露を引き起こし、よって畳を基点にして考えれば、結露した、水分が

 畳に染み込み、カビを発生させる原因の一つと考えられます。
カビが生育・繁殖するには

 カビの胞子が必要とする(1)栄養分、(2)酸素、(3)温度、(4)湿度条件が揃えば

 
カビが発生します。

 (1)栄養分


    畳はもちろん、畳の上に落ちているチリなどもカビの栄養源と
    なります。

 (2)酸素

    他の生物と同じ様に、カビも成長するために酸素を必要とします。

 (3)温度

    カビの成長の適温は摂氏25〜30℃付近ですが、カビの種類に
    よっては0℃以下や40℃以上でも成長が可能です。

 (4)湿度

    湿度がだいたい70%を超えると、カビが成長しやすい環境
    になります。また湿度が高くなるほど成長出来るカビの種類が
    増えカビの成長速度も速くなります。



いさおくんいろはちゃん このカビ対策のポイントとしては、以前にも「結露」について綴らせて

 頂いた時と、同調致しますが、
カビの繁殖を抑えるには、上記の条件を揃わないように

 する事が大事です。
このうち、栄養分・酸素については取り除く事は出来ません。

 
また温度についても、人の生活出きる温度では、カビも成長しますので、温度のみの

 コントロール
ではカビの発生を抑えるのは難しいと考えます。ですから、湿度を

 (エアコンや除湿機)でコノロールすることが、カビの発生を抑えるのに有効といえる

 でしょう。
また、カビの成長にはある程度の時間がかかりますから、カビが成長してしまう

 時間を与えない
様にする事も重要です。


いさおくんいろはちゃん  この梅雨時期ならではの湿気・湿度・カビのお話。
今一度、お客様の

            畳や、お部屋の住環境に、御注意頂き、適切な、対処を行う事により

            より、畳の素晴らしさを感じて頂けましたら、幸いです。


            大切なのは、
湿った空気が滞留しないようにする事。このような

            梅雨時期に、不必要に窓を開放して、湿った空気を流入いないように

            お心がけが必要になります。

            
夏の畳の座敷には、イグサの素朴な風合いと、心地良い

            ひんやりとした感触が、とっても魅力的な季節です。


            日本に四季がある限り、その四季と上手に向き合う事によって

            畳の素晴らしさを十二分に発揮しえるものと考えています。

            だいぶ私的な意見なども挟みましたが、少しでも

            ご参考頂けましたら幸いです。又の機会にも、お話し出来ればと

            存じます。次回は畳を交えながら綺麗な空気の住宅を考え、勉強し

            ご報告出来ればと考えております。では、またの機会にて宜しく

            お願い致します。ご質問などございましたら、ご遠慮なく

            お問い合わせ下さい


                        tatamiya-kanai@tctv.ne.jp


いさおくんいろはちゃん 今年も残り後わずかになって参りました。年も押し迫る中

 皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?どうぞ御身体、御自愛下さいませ。

 では早速、張り切って参ります。今回の「十一っ針目」は畳とはとっても縁が深い

 
「稲ワラ畳床」について御紹介出来ればと考えております。

 
昨今の生活様式や機密性の高い建築工法により、敬遠されがちになってきた

 「稲ワラ畳床」。
しかしその性能や効能は天然木質素材のボード畳床や

 ポリスチレンフォームの畳床より、その性能や効能の上で、はるかに優れ

 お米を収穫した後の稲ワラを使用し作られる藁床は、まさに自然の恵みとも

 言えるでしょう。
そんな稲ワラ畳床の性能や効能を、今一度御紹介出来れば

 と考えております。どうぞ宜しくお願い致します。


いさおくん  まず稲ワラ畳床の構造としては、
よく乾燥し乾いた稲ワラを

 40cm位に積み上げ、その稲ワラを5cmの厚さに圧縮して縫い上げています。


 
単に稲ワラを積み重ねるのでは無く、縦横に5〜6層に積み重ね、圧縮し縫い上げて

 います。上物な稲ワラ畳床ほど、稲ワラをきちんと配列し、厚さも一定でムラもなく

 仕上げられています。
又、ワラの配層もしっかりしていて、細かく縫い上げている為に

 復元力にも優れ、室内と床下の環境さえ良ければ、上物ほど長持ちします。


いろはちゃん  ではその稲ワラ畳床の特質した性能や効能について御紹介します。

 まず
「断熱性」「保温性」が挙げられます。稲ワラの中身はイグサと違い

 ポッカリとあいた空洞状です。しっかりと空気が詰まっており、その空気は熱を

 伝えにくいという特徴があります。
又、「吸放湿性」が挙げられます。

 畳の敷かれているお部屋は、夏涼しく、冬は暖かいという特徴があります。

 これは、畳を構成している「イグサ」と「稲ワラ」の特徴からだと考えています。

 
「イグサ」のスポンジ部分が湿気を吸収し、「稲ワラ」のポッカリ開いた空洞部分が

 湿気を放出します。
つまり畳は、呼吸しています。畳一帖分の自然吸湿能力は

 約500ml。
この能力は、建材畳床では、成しえない能力だと考えています。

 夏は涼しく、(除湿機)冬は暖かい、(加湿器)役割をはたす、稲ワラ畳床には

 そんな素晴らしい効力を担う、力が秘められています。又、「吸音効果」や

 「耐久性」など、他にも建材畳床にくらべて、優れている点も多々あります。


いさおくんいろはちゃん 
「吸音効果」には稲ワラがもつ沢山の空洞が、その空洞の

 中に含まれる空気で、音を吸い込む効果を持ち、その効果が、
遮音性を生み出す

 とも考えています。
又、「耐久性」については、その稲ワラの特性に基づき、その

 
弾力性から、復元力が高く、幾度と無く補修が効く事から、耐久性にも優れています。


いさおくんいろはちゃん   様々な魅力に溢れた「稲ワラ畳床」。しかしその魅力や効能も

             現在の住宅事情から、敬遠されがちになっているのは否めません。

             しかし改めて、現代の生活、建築における畳としての床材

             
「稲ワラ畳床」について、その性能を捉えなおして見る事も

             必要ではないでしょうか?
畳は、和室の床に用いる伝統的な

             建築素材です。
畳という床材料【稲ワラ畳】は住宅文化の中で

             世界に例をみない、日本独自のものです。日本の四季折々に

             適した自然の恵みを今一度深く見つめ直していけたらと

             考えています。
だいぶ私的な意見なども挟みましたが、少しでも

             ご参考頂けましたら幸いです。又の機会にも、お報告出来ればと

             存じます。次回はこの季節の大敵「結露」についての対策などを

             ご報告出来ればと考えております。では、またの機会にて

             宜しくお願い致します。

             ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。


                        tatamiya-kanai@tctv.ne.jp


いさおくんいろはちゃん 秋も深まり、朝晩にはだいぶ冷え込んで参りました。

 皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?どうぞ御身体、御自愛下さいませ。

 では早速、張り切って参ります。今回の「十っ針目」は日頃お客様と、お話させて頂く中で

 お客様が、疑問に思うこと、良くお客様から聞かれる事などを、御説明し御紹介したいと

 存じます。
「畳についての質問集」です。宜しくお願い致します。


いさおくん  まず始めに良く聞かれる質問ですが、畳の裏返しの話題です。

 裏返しとは
、【畳表の使っていない裏面を表に返す事。1〜5年目頃が目安ですが

 状態により色焼けや汚れの浸透などで、出来ない場合もあります。】
説明文の通り

 畳表の使っていない部分。表面のゴザの反対部分の面をひっくり返して使うこと。

 リバーシブルという表現が当てはまるかもしれませんが、畳表は両面お使いになれます。

 
お客様に良く聞かれるのが、畳自体をひっくり返す事を「裏返し」と思われている場合が

 ございます。
上記説明の通り、ゴザ(畳表)をひっくり返す事を「裏返し」と呼びます。

 
この「裏返し」をする事によって、畳のヘリを替える等しての、お部屋のイメージチェンジ

 から、お部屋の清掃など、住環境を変えられる、又、整える事が出来る
ので、是非

 お勧めです。「裏返し」を適期に行えば、一枚の畳表をより長く、そして青い畳表の色を

 より長く、味わう事が出来ます。
ただし、裏返しが出来ない条件

 (裏返しをして綺麗にならない場合)もありまして、お部屋の柱方が存在したり

 畳表の日焼けの浸透により、綺麗にならない場合がございます。

 判断は、プロにお任せ頂きたいですが、畳には「裏返し」をして、一つの畳表で、

 両面使える事が出来る事。そんな魅力も含まれています。

 そんな「裏返し」にまつわるお話でした。


いろはちゃん  続きまして、よくお客様との話題になりますのが、畳の下に敷く新聞紙の

 事ですが、ご説明させて頂きます。
昔から畳の下に、新聞紙を敷き詰める事が多く

 ありましたが、現在では、あまりお勧めしておりません。
紙は湿気を呼び寄せ、畳の

 住環境に、あまり良くない結果を導く、可能性がございます。では何故、昔より新聞紙

 を畳の下に敷き詰めていたのか?私も父から聞いた話ですが、昔はよく年末ともなると

 畳を引き上げ、天日に干す習慣がありました。畳にとっては優れた、お手入れの仕方と

 考えますが、その時、
床下の掃除をしやすくするために、新聞紙を敷き詰めていた

 聞き覚えました。又、
昔の新聞紙のインクの質により、防虫効果もあった?

 (これは一説なので、定かではございません)などの内容も聞き覚えました。

 又、
昔の住宅構造には、自然な換気が出来る様な構造でした。よって、寒い冬場には

 畳の下から、上がってくる隙間風を防ぐ為に、敷かれたとも言われています。

 しかし現在の住宅には、
気密性が高く、床下に湿気が溜まりやすい構造になっています。

 上記にも綴りましたが、新聞紙が湿気を呼び、又吸い込み、その新聞紙の含んだ湿気を

 通気出来ない環境上、畳にとって湿気は大敵であり、よって不必要だと考えています。


 それぞれの住宅にて、色々な考え方などありますと共に、私的な意見もはさんで

 おりますが、現在では、あまり新聞紙を敷き詰める事を、お勧めしておりません。

 そんな新聞紙にまつわるお話でした。


いさおくんいろはちゃん続きまして「琉球畳」についてよくお客様よりお問い合わせ頂くお話です。

 
「琉球畳とへり無し畳とはどう違うのですか?」とよくお客様よりお聞き致します。
 
 
本来、琉球畳とは琉球畳表を使ったふち(畳の縁)の無い畳の事をさしていましたが

 最近では琉球畳表を使用しない畳でも畳のヘリの無い畳のことを、総称として

 琉球畳(ヘリ無し畳)と呼ばれている傾向にあります。
琉球畳表とは、別の名を七島表とも呼び

 七島表は、カヤツリグサ科に属する多年性草本、「七島イ」を原料として作った畳表で、
 
 「七島イ」は「琉球イ」、「三角イ」とも言われ、普通のい草の断面が、丸いのに対し

 三角形の断面を持ち、これを半分に裂いて乾燥させ選別した上で麻糸を経糸に

 織り上げます。この畳表は耐久性があり火気に強いため、昔から柔道畳や農家作業場

 呉服屋の畳にヘリをつけずに使われていました。
上記にも説明させて頂きましたが、

 現在では畳のヘリ(畳の淵)が無いものを多く、琉球畳と呼ばれる傾向にあり、普通の畳表でも

 琉球畳と呼ばれているのが現状です。
正確には、琉球畳表と使用した畳を琉球畳と考え

 その他の畳表を使用した畳縁のない畳を、へり無し畳と考えています。
琉球畳表「七島イ草」の

 由来としては、琉球地方の七つの小島に自生していたので、その名がついたと言われています。

 実際にはその名の由来の沖縄県では畳表として製職されておらず、
現在、国内産では

 大分県国東半島にて製職され、肌触りはなめらかですが、しっかりとした堅さがあるために

 粗く、素朴な風合いが、心地良さを生み出しています。
琉球畳に対するお話でした。


いさおくんいろはちゃん   日々、お仕事をさせて頂く中で、お客様よりお聞きした

             疑問・質問などに、いかに分かり易く、ご説明出来るかを

             これからも研究し、努力して参りたいと存じています。

             だいぶ私的な意見なども挟みましたが、少しでもご理解

             頂けましたら幸いです。又の機会にも、お報告出来ればと存じます。

             次回は畳とも縁が深い、「稲ワラ」について御紹介出来ればと

             考えております。では、またの機会にて宜しくお願い致します。

         ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

                        tatamiya-kanai@tctv.ne.jp


いさおくんいろはちゃん 夏も終わり、朝晩におきましてはだいぶ涼しくなって参りました。

 皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?早速、張り切って参ります。

 今回の「九っ針目」は
「畳の大敵・ダニについて」勉強してみたいと存じます。

 宜しくお願い致します。まず始めに、なぜダニ等が、発生するのか?その辺から

 紐解いて、始めて見ることにします。どうぞ宜しくお付き合い頂きたいと存じます。


いさおくんいろはちゃん 昨今の住宅事情を考えると、人は、より快適な生活環境を

 追い求めた結果、家屋内に生息する害虫の発生量が、増加しました。

 特にダニは「カビ」と深い関係にあり、家屋内に発生したカビを栄養源に

 していると考えられます。又、住宅の断熱性の向上が、夏は涼しく冬は

 暖かいという環境を作り出し、家屋内は、一年を通じて、害虫の生育に

 適した、条件を、維持出来る様になりました。この様な事から、快適環境の

 維持は、快適な生活環境を保持しながら、カビや害虫の住み難くなるような

 環境管理が必要かと考えます。


いさおくん  ダニの具体的な発生条件は、以下の3つが挙げられます。

 (1)エサがあり、(2)高温多湿で(3)隠れる場所がある

 と繁殖を始めます。ダニが生活する為の必要な条件は、カビの発生条件

 重なります。また、ダニのなかにはカビをエサとする種類もある為、カビが発生

 しやすい場所は、ダニにとっても絶好な環境といえます。


いろはちゃん  ではカビはどのようにして生えるのでしょうか?カビの発生条件としては

 室内にカビの胞子があると、(1)栄養分、(2)酸素、(3)温度、(4)湿度

 条件が揃えば
カビが発生します。

(1)栄養分

    畳はもちろん、畳の上に落ちているチリなどもカビの栄養源と
    なります

(2)酸素

    他の生物と同じ様に、カビも成長するために酸素を必要とします。

(3)温度

    カビの成長の適温は摂氏25〜30℃付近ですが、カビの種類に
    よっては0℃以下や40℃以上でも成長が可能です。

(4)湿度

    湿度がだいたい70%を超えると、カビが成長しやすい環境
    になります。また湿度が高くなるほど成長出来るカビの種類が
    増えカビの成長速度も速くなります


いさおくん  カビの繁殖を抑えるには、上記の条件を揃わないようにする事が

 大事です。
このうち、栄養分・酸素については取り除く事は出来ません。

 
また温度についても、人の生活出きる温度では、カビも成長しますので、

 温度のみのコントロールではカビの発生を抑えるのは難しいと考えます

 
ですから、湿度を(エアコンや除湿機)でコノロールすることが、

 
カビの発生を抑えるのに有効といえるでしょう。又、これからの時期は

 過湿による結露なども、カビの発生を引き起こす可能性が考えられます。

 過湿度の場合、コマめに、お部屋の湿度調整も大事かと考えます。

 また、カビの成長にはある程度の時間がかかりますから、

 
カビが成長してしまう時間を与えない様にする事も重要です。


いろはちゃん  家の中からダニを完全に無くす事は、残念ながらほぼ不可能に近いと

 言えますが、一定数以上に増えないようにすればダニによる被害は抑える事が

 出来ます。
ダニの生活条件はカビと共通点が多いので、カビ対策を施す事や

 適時な掃除等が、ダニ対策にもなる
と考える事が出来ます。

 
畳から見つかるダニの中で、最も多いのはヒョウヒダニの仲間です。

 畳だけではなく、寝具類・カーペットフローリング等にも生息しています。

 家の中で見つかるダニの七割以上はこのヒョウヒダニの仲間です。

 
ヒョウヒダニは、人を刺す事はありませんが、虫自体、またその糞が、

 
アレルゲン(アレルギーのもの)を引き起こす原因物質となります。

 人を刺すダニとして主なダニはツメダニです。

 ツメダニは、ヒョウヒダニやケナガコナダニ等を捕食するため、

 ヒョウヒダニが増えだすと、環境によってはツメダニを発生させる事になります。



いさおくんいろはちゃん   畳の大敵「ダニ」。このダニと深く密接する「カビ」。

             初めにも述べましたが、快適な生活環境を整える事は

             難しいかもしれません。ですが、日本古来の「畳」を通じて

             日本の四季折々にあった、生活環境を管理する事によって

             畳の効力を、最大限に発揮し、お住まいの住環境がより良く

             なり、この様な、大敵にも向き合えるのではないでしょうか?

             私的な意見も挟みましたが、少しでもご理解頂けましたら

             幸いです。又の機会にも、勉強して参りたいと存じます。

             次回は最新のお客様による質問集等を、御紹介出来ればと

             考えております。では、またの機会にて

         宜しくお願い致します。

         ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

           参考文献 「健康住宅のわかる本」tatamiya-kanai@tctv.ne.jp


いさおくんいろはちゃん お盆休みも過ぎ、夏も残り後わずかになって参りました。皆様に

 おかれましてはいかがお過ごしでしょうか?久方振りに「ちょっとおいでよ金井畳店」

 発信して参りたいと存じます。今回の「八っ針目」はよくお客様に、畳の納品時等に

 
「畳の良い香りがする」等のお言葉を頂きます。畳屋としては嬉しい限りですが、

 この畳の特性でもあります、
イグサの香りについて詳しくご説明出来たらと

 考えております。
どうぞ宜しくお付き合い頂きたいと存じます。


いさおくんいろはちゃん イグサの香りが持つ特性の中で、一番に挙げる事が出来るのは

 
「リラックス効果がある」と言う事です。このイグサのリラックス効果は、香り

 の面から、そして色の面から御紹介する事が出来ますが、
此度は香りについて

 御紹介して参ります。


いさおくん  イグサの主な芳香成分となるのが
「フィトンチッド」と呼ばれている物質で

 イグサの芳香成分全体の、約20%を占めております。
このフィトンチッドの「フィトン」とは

 植物を意味しており、名前の意味から想像が付くように、「森林の香り」とも言われて

 います。
又、「ジヒドロアクチニジオリド」という物質はフィトンチッドほど多くありませんが

 イグサの芳香成分全体の10%を占めるといわれ、
この物質は紅茶に含まれている

 芳香成分と同じもので、他の芳香成分を保香する働きがあります。



いろはちゃん  他には
「αシペロン」と言う物質や「バニリン」と言う物質があり、共に

 イグサ芳香成分全体の約6パーセントを占めています。
これらの物質はリラックス効果を

 高める働きがあると言われています。
この様に、イグサには、様々な有効な芳香成分が

 あり、その様々な物質が重なり合ったイグサが、畳表となり、畳になり、お部屋に

 その香気を表現しています。


いさおくんいろはちゃん   難しい物質の名前や、成分などを、御紹介致しましたが

             香りは文字では伝わりにくく、他の表現を通じて、畳(いぐさ)

             には、
「高いリラックス効果」を有する事を、感じて頂きたく

             此度の「八っ針目」と相成りました
。「畳は部屋の中にある森」

             と表現されるくらい、植物の香りとして、高い効力を発揮しています。


             香りは記憶を呼び覚まし、又、安らぎを与えてくれる。そんな畳の

             効力に、改めて、素晴らしい敷物だと感じました。

             又の機会にも、「イグサ」について、御紹介出来たらと思います。

             次回は畳の大敵でもある「ダニ」いついて

         ご説明出来ればと、思います。では、またの機会にて

         宜しくお願い致します。

         ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

    参考文献 「新芽出版 イグサのすべて 森田 洋 著」tatamiya-kanai@tctv.ne.jp


いさおくんいろはちゃん 梅雨時期に入りジメジメしたお天気が続きますが、皆様に至りましては

  いかがおすごしでしょうか?今回の七っ針目は畳表の原料にもあたる「いぐさ」について

  ご紹介したいと思います。畳表の原料である「
いぐさ」を知って頂きながら、その特性を

  踏まえた上での、今の時期に対する畳への向き合い方等も、重ねてご紹介致します。



いさおくんいろはちゃん

  まず「いぐさ」の効能について簡単にご紹介致します。

 @ 
保湿性 いぐさの内部は、ミクロの綿状なので空気中の湿気や水分を
       吸収してくれる。

 A 
調湿性 いぐさは常に12〜13%の含水率を保つ働きがある。これが
       
優れた調湿機能として働く。たとえば、畳を敷いた和室の湿度は
       約40%に保たれる。
まさに天然のエアコン機能である。

 B 
保温性 いぐさ一本一本は、空気を含んでいる為、断熱、保温性に優れる。

 C 
遮音性 いぐさ繊維の空気が音を吸収する為、遮音性に優れる。
       ワラを圧縮した畳床や厚みのある建材畳床とあわさり
       
畳全体はきわめて防音性能が優れている。

 D 
力学的強度  いぐさの繊維は、驚嘆するほどの強度がある。細い紐でも
          驚くほど強靭な強度に優れている。

 E 
精神沈静作用  いぐさ畳表から立ち上る芳香には、精神の沈静作用がある
           ことが立証されている。畳の部屋、いぐさのゴザ、いぐさ枕
           
などで安眠に誘われるのは、このアロマテラピー(
香りの療法
                としての効果も大きい。

  F 
五感へのやさしさ  いぐさの色合いは、いわゆるアースカラーで目にも優しい。
                
触れた感じも、優しい肌触りで心地よい。


いさおくん  このようにいぐさには驚くべきほどの効能が秘められていて
いぐさの奇跡

  といっても過言ではないですね。そんないぐさの効能を知って頂いた上で

  
これからの時期の畳に対する、対策や、畳との向き合い方についてご紹介致します。


いろはちゃん  これからの時期において一番大切なのは、
お部屋の空気を滞留させない事

  と考えます。お部屋の窓を締めっきりにせず、
なるたけ換気に注意する事を

  推奨致します。
ポイントは、お部屋の窓を開け換気するのはもちろんの事、お部屋の窓

  (畳のお部屋)の他に、空気がお部屋の中で滞留せずに違った窓から、
空気が

  流れるようにする事が大事だと考えます。


  そして外気の空気が、必要以上の湿度を帯びたとき、
除湿機などを使って

  お部屋の湿度調節を図ることをお勧め致します。

  (いぐさの調湿性や保湿性には、過度の湿気や水分は畳にとってカビなどの影響を

  与えてしまう可能性があります。)


いさおくんいろはちゃん   畳表の原料
「いぐさ」の特性や効能を知って頂いた上で四季折々

             との向き合い方があります。四季折々に畳のお部屋や畳とコマ目に

             向き合って頂ければ、畳の機能、イグサの効能を最大限に発揮して

             過ごしやすい、心地よい空間を演出してくれるのではないでしょうか?


             次回も畳表の素材でもある「イグサ」いついて

         さらに詳しく、色々なデータなどをご紹介しながら

         ご説明出来ればと、思います。では、またの機会にて

         宜しくお願い致します。

         ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

                       tatamiya-kanai@tctv.ne.jp



いさおくんいろはちゃん 春もいよいよ本番。新年度、あるいは新学期とお客様の生活環境も

  新しい季節かと存じます。畳を替える時期としても、日中暖かくなり、畳表にとっても

  空気中に湿気が出て来て、
その湿気を吸った畳表(畳)がお部屋に良い香りと

  良い空気を出してもくれる
、良い時期かと思われます。そんな中、今回の六っ針目は

  随分前から依然人気が高い、
へり無し畳のお話をご紹介させて頂きます。


いさおくんいろはちゃん 

  へり無し畳とは、
畳のフチ(ヘリ)の無い畳の事です。畳表を折り曲げて

  袋状に作ります。
へり無し畳を市松敷きに敷くと、光の当たり方で

  模様の様に見えます。
もちろん大きさも、一枚の畳でも作れますし

  最近は畳の半分(半畳)を互い違いに敷いて、畳表の目の違いから

  光の当たり方で、市松模様の様に見え、人気があります。


いさおくん  へり無し畳の利点は畳のへり(畳の淵)が付いていない分

  
お部屋が広く感じる事にあると思います。そして従来の畳のイメージから

  又、違った、スタイルで、
モダンにお部屋を演出してくれます。

  もちろん畳としての機能も果たしていて(天然いぐさの場合)従来の畳の良さも

  失う事はありません。そして昨今では、
高級和紙を使った畳表やビニールの畳表

  等、カラーバリエーションを主体に、お客様のライフスタイルにあった商品


  沢山出てきました。ヘリ無し畳として新たな可能性が、現在のお客様への人気に

  繋がっていると思います。


いろはちゃん 逆にへり無し畳の、不足する点は、へり付き畳より強度に若干の

  弱い所が見受けます。お使いの使用頻度や畳表の材質にもよりますが

  
若干弱い部分を見受けます。そして人口畳表を使ったへり無し畳の場合は

  
畳としての機能は、少ないと考えます。メーカー様それぞれに特色があり

  ライフスタイルにあった形でのへり無し畳も考えられますが、畳として考えた時

  
天然イグサの畳表を使用したへり無し畳の方が、畳の機能(良さ)を失わずに

  モダンなスタイルを提供出来ると考えます。



いさおくん 違う視点からよく「琉球畳」とお客様からお声がかかります。

  最近では
へり無し畳=「琉球畳」というイメージもよく見受けますが

  へり無し畳も、色々な材料で製作する事が可能です。

  中でも、
琉球畳表を使った「琉球畳」というのもあります。


いろはちゃん この琉球畳表は「七島表」ともいい、カヤツリグサ科に属する多年性草本

  
「七島イ」を原料として作った畳表で、「七島イ」「琉球イ」「三角イ」

  
とも言われ普通のい草の断面が丸いのに対し、三角形の断面を持ち

  これを半分に裂いて乾燥させ選別した上で麻糸を経糸に織り上げます。

  
この表は耐久性があり火気に強いため昔から柔道畳や農家作業場

  呉服屋の畳にヘリをつけずに使われていました。金井畳店の近くにも今は

  少なくなって来ましたが、日本橋等、多くの呉服屋様が立ち並ぶ地域では

  この琉球畳表を使用した、へり無し畳が多くありました。



いさおくんいろはちゃん  
沢山の用途と沢山の可能性をもった畳。「へり無し畳」

         これからも、時代のニーズに合わせて、多様に進化して行く

         と共に、
いつの時代も畳としての良さを失わず、お客様のライフ

         スタイルに合った形で、これからも人気の商品であり続けると

         考えます。
次回は畳表の素材でもある「イグサ」いついて

         ご紹介出来ればと、思います。では、またの機会にて

         宜しくお願い致します。

         ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

                       tatamiya-kanai@tctv.ne.jp


いさおくんいろはちゃん 今回の五っ針目は、ヘリ無し畳のご説明の予定でしたが

 
急遽、畳業界に新しいニュースが飛び込んで来た為、

  その貴重なお話のご案内です。その話題とは


 
「子供の集中力畳でアップ」
イグサに持続効果がある。

 
北九州大学の森田教授の研究で、分かったと言うお話です。

  注)以下に各新聞で掲載された一部を抜粋してご紹介させて頂きます。



いさおくんいろはちゃん 

  畳などに使われている
イグサには子供の集中力を持続させる効果が認められる

  事が、北九州私立大の森田教授(生物資源工学)の研究で分かった。


  
香りや色、感触が適度に緊張をほぐして集中力を長続きさせるという。

  
森田教授は、福岡市内の学習塾に畳敷きの特別教室を作って調査を実施。

  中学生1年生232人、小学5年生90人の計323人を対象に、畳教室と

  普通の教室で二ケタから四ケタの足し算や引き算を三十分間に何問解けるか

  調べた。


  その結果、普通の教室で解いた問題の数(回答数)は平均129問だったのに

  対し、
畳教室では、平均約145問で個人の伸び率の平均が14.4%に上昇。

  特に小5の回答数の伸びは24.3%で中1の12.4%の倍だった。


  正当率は普通教室88.5%、畳教室90.4%でほぼ一緒だったが、集中力には

  有意な差が表れたといい、森田教授は
「低学年ほど集中力の持続効果が望める。

  学校や塾、子供部屋に畳を導入する事をお勧めしたい」
と話している。


  森田教授の分析には
バニラに含まれるバニリンや、樹木と同じフィトンジット

  などの香り成分が含まれ、リラックス効果がある
と位置づけている。


 いさおくん 何とも畳屋さんにとってみればありがたいお話である。凄く勇気の出る

 研究結果でした。
自然と共に生きる人間にとって、畳という敷物は人体にとても

 良い環境を提供してくれる優れた敷物だと改めて思います。


 いろはちゃん 視て癒される」 人間の皮膚の反射率と畳の部屋の反射率は

 
ほぼ同じなので、安らぎを覚えると同時に目にも優しいです。

     「
香りで癒される」 畳表からかもしだす独特のにおいには

 鎮静効果があり
部屋の中で森林浴をしているような効果があり

 
リラックス出来る。

     「
触って癒される」 ソフトな弾力性と吸放湿性による

 
優しい肌触りが特徴です。

 このような癒しの効果にも優れています。


 いさおくんいろはちゃん しかし最近では住宅建築の洋風化が一層進み和室の存在は奇薄に

         なりつつあります。今一度畳の良さを最アピールして、もっと

         
沢山の人々に畳の良さを伝えていけたらと思います。

         
夏涼しくて冬暖かい (夏も冬も気持ちいい)

           
畳はお部屋の空気をきれいにします

         
快適な湿度を保つ (湿度を快適にコントロール)

           
癒しの畳


         次回は今一度、へり無し畳の特性や特徴など詳しく

         お話させて頂ければ幸いです。

         では、またの機会にて、宜しくお願い致します。

         
ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

                    
tatamiya-kanai@tctv.ne.jp




いさおくんいろはちゃん 今回の四っ針目は、昨今の畳についての現状や、和室の中での

 
住宅環境の変化等のご紹介です。畳は、和室の床に用いられる伝統的な

  建築材料です。
畳という床材料は、住文化の中で世界に例を見ない

  日本独自に発達してきたもので、独特の文化を象徴するものとなっています。


 いさおくん しかし最近では
住宅建築の洋風化が一層進み、和室の存在は奇薄に

  なりつつあります。又、一方では畳の良さも見直されつつあり、和室という

  住文化が日本の伝統を継続し、日本人の精神形成に欠かせないものとして

  注目されています。


 いろはちゃん 現代の和室の状況は、
昔の建物と違い

  
建築構造は密封性・断熱性に優れています。これらが高いことで、エアコン・暖房生活が

  快適になっている現代ですが、一方ライフスタイルによっては

  別の問題ああるのも事実です。
畳のダニやカビ問題もその一つといえるでしょう。


いさおくんいろはちゃん 昔の建物や建築条件は通気性がよく、稲ワラ畳とも相性がよく

  ダニやカビの問題は非常に少なく、それなりに快適だったのではないでしょうか?

  しかし、一つ言えることは、
現代の住まいに対応するように、畳もまた素材や原料も

  進化しています。
一般基準が稲ワラ畳床でなく建材畳床(木質ボード主体)になったり

  
「天然い草畳表の防カビ仕様」や「天然畳表に近い構造をもった樹脂素材畳表」

  などがいろいろあり、ダニやカビの対策も可能な状況です。


いさおくんいろはちゃん 日本の気候・風土、建物構造と建築素材、そしてライフスタイルを

  調和する畳(住まいの基点となる畳)が今もあります。
畳は非常に個性の強い素材

  なのです。
和室だとは意識せず洋間と同じように色彩や調和だけを意識してデザインし

  そこに畳を敷き込むと、ちゃんと落ち着いた和室になります。

  壁がコンクリートの打ちっ放しでも畳さえ敷けば、それは和室であり、落ち着きを失う事

  はありません。
そして今、自然と共に生きる人間にとって畳は

  健康面からも見直されてきているのではないでしょうか。


いさおくんいろはちゃん   今回は昨今の畳に対する説明をさせて頂きましたが、

             和室の存在が奇薄になる一方、畳の存在が見直されてきている

             現状で、少しでもお客様のライフスタルにあった畳をご提供出来る様

             精進してまいりたいと思います。

             次回は啓蟄を向かえ、へり無し畳の特性や特徴等ご紹介出来ればと

             思います。では、またの機会にて、宜しくお願い致します。

             ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

                                 
tatamiya-kanai@tctv.ne.jp





いさおくんいろはちゃん 今回の三っ針目は、乾燥期の畳について、説明・対策のご紹介です。

 師走に入り、空気が乾燥し始めました今日この頃、お客様の畳は

 どんなご様子でしょうか?お客様のお住まいの環境で

 それぞれ違った姿だと思われます。この乾燥期は畳にとって、空気の環境が

 さほど影響を与えないと思われがちですが、畳は意外にも色々な表情をみせる時期

 でもあります。今回はその表情に対する対策等のご紹介です。


 いさおくん 朝起きるとよく窓ガラスに水滴がついている事があります。これは「結露」

 と考えられます。結露とは、温度差により空気中の水蒸気が水滴となる現象をいいます。

 
空気中には、たくさんの水分が含まれています。含まれる水分量は、

 
温度によって決まっており、高いほど多く、低いほど少なくなります。

 
結露は室内の温かい空気が、冷たい窓や壁に触れる事で急激に冷やされて起こります

 
結露はとても不快なだけではなく、その水滴がたたみに染み込んで、

 畳を腐らせたり、その湿気でカビが生えやすくさせます。


 いろはちゃん  この時期には夜間の放射冷却(晴天日の朝が最も冷却)により、

 
コンクリート壁が冷え込み、さらに夜間停止後の室内温度の低下により、結露します。

 
夏には梅雨、台風など雨が降り続いた後に突如晴天が訪れ

 高温多湿となった外気が室内に流れ込んで低湿な壁に触れて結露します

 
朝起きたら、お部屋の窓をチェックしてみる事をお勧め致します。


 いさおくんいろはちゃん結露を防ぐポイントは、外気との急激な温度差を無くす事が一番です。

 結露の発生する箇所には必ずカビが発生するもので、
適切な結露防止対策は、

 カビ防止に直結し、さらにダニ防止
にもつながります。

 具体的には、窓に貼るだけの
結露防止シート・断熱シート(ホームセンターに売っています)

 を使うと簡単結露防止になります。

 結露による畳への影響に注意する事を、ご提案します。


 いさおくんいろはちゃん 又、畳には畳一枚で約500ccの水分を吸収することが出来ます。

 
しかも空気が乾燥してくると自然に放湿して、部屋の湿度を調節してくれます。

 
それはい草のスポンジ部分が湿度を吸収し、

 呼吸を行いながら部屋の快適な湿度を保っています。

 
この事からも分かる様に、畳は冬場には、適度な加湿器の役割を担います。

 
畳はやはり日本人の住まい環境にあった住宅材料といえます。


 いさおくんいろはちゃん  今回はこの時期に対する畳の説明をさせて頂きましたが、

             畳の特性や、畳をとりまく環境を知る事によって、畳に対する対策等

             今回の紹介で少しでもご検討頂ければ幸いです。

             次回は新年を向かえ昨今の畳についての現状をご紹介出来ればと、

             思います。では、またの機会にて、宜しくお願い致します。

             ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

                                 tatamiya-kanai@tctv.ne.jp


 ばぶおP.S 
大変恐縮ですが、子供が増えました。

                             
 男の子でした。名前は次回までのお楽しみ !!





 いさおくんいろはちゃん今回の二っ針目は、畳替えの最良の時期についての説明です。

 前回、畳替えの目安についてはご説明いたしましたが、今回は農家の方が手塩に掛けた

 畳表の
生産時期の観点から、お客様に届く時期について、最良と思われる、季節(時期)

 についてのご紹介です。


 いさおくん
 「実りの秋」は畳の原材料でもある「いぐさ」が畳表に織り上がる時期になります

 いぐさの栽培工程は11月〜12月にいぐさを田植えをします。5月〜6月頃に先刈りや

 網掛けという工程があります。(詳しくは畳表の出来るまでのページへ)

 7月に刈り取りです。7月〜8月位刈り取った「いぐさ」を染土に付けて乾燥させます。

 そして
9月〜10月、いぐさを畳表に織り上げます。


 いろはちゃん
 その年に出来た畳表を、畳屋さんが仕入れて、お客様のもとへ届く時期が、

 この秋口になります。そのような観点から、
「織り立ての新草の畳表」いぐさの香り


 いぐさ独特の香りが強く、又、お天気(陽気)も素晴らしく、畳の嫌がる、過剰な湿気など、

 無く、(詳しくは畳の話畳のお手入れ畳の対策のページへ)畳替えを行う時期とすれば

 最良の時期かと思います。さらにこれから年末(師走)を迎え、
新年を新しい畳

 過ごす為にも、年末のあわただしさを、踏まえて、この時期に畳替えを、お勧め致します。


 
いさおくんいろはちゃん どうしてもこの時期にこだわらなくても、通年をとうして、畳の状態等に

 よって、いつでも畳替えは可能です。なんでもお気付きの件ありましたら、ご遠慮なく

 お申し付け下さい。話は関連して、
畳替えを行う時期の観点から

 当社でもよくこの時期にお仕事をさせて頂くお仕事があります。

 それは、
お茶室(炉がある畳の部屋)の仕事です。

 (詳しくは施工実績のページをご覧下さい。)


 
いさおくん 11月は「茶人の正月」と呼ばれ、お茶室も華やいだ雰囲気に包まれます。

 暦の上で立冬を迎えると、茶室では春から半年使った、風炉
(畳屋用語でウメコといいます)

 をしまい、炉を開きます。茶の湯の
「炉」とは、茶室の畳を切って、床下に備え付けた

 茶用の小さないろりの事で、使うのは11月〜4月までと決まっています。


 いろはちゃん 炉開きはいわば、冬を迎えるセレモニーで、
茶人にとっては大きな季節の

 区切り
になります。このような事から、当社でもこの時期に数多くのお茶室のお仕事を

 させて頂きました。綺麗な新しい畳表で、客人をお迎えする、お客様の気持ちに、

 温もりを込めて製作します。


 いさおくんいろはちゃん畳替えを行う時期(季節)には、お客様の畳の状態や畳替えをする

            意味合いなど、様々ですが、今回の紹介で参考になれれば幸いです。

            次回は師走を向かへ、あわただしくなる時期ですが、

            台東区の地域の情報や畳の特性など

            詳しくお伝え出来たらと思います。

            では、またの機会にて、宜しくお願い致します。

            ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 
                                       tatamiya-kanai@tctv.ne.jp





 いさおくん 最近よく畳って何で出来てますか?いろはちゃん どうゆう構造になってますか?

 とよくお客様に聞かれる事があります。現代の生活から畳が少なくなり、なかなか視る事

 も少なくなってきたのではないでしょうか?よく昔は庭先で職人さんが、
ひじでこうやって

 ああやってと話されるお客様も少なくはありません。さて記念すべき「一っ針目」は

 畳の基本に帰って、畳の事を知らないお客様にも分かって頂くべく、分かりやすく

 説明してみます。よろしくお願い致します。


  畳の構造は簡単に言うと3つ(畳表・畳床・畳へり)に分かれます。


 
畳の構造及び名称 畳の話のページ


 
まず畳表はいぐさ(4,000〜7,000本)で出来ています。


 畳床構造 畳床のページ


 
畳床は化学床とワラ床に分かれてあります。


 畳へり(畳へり見本帳)
 畳へりのページ



 畳へりは化学繊維・綿・麻・絹などの素材で様々な模様や柄の畳へりがあります。


 
いさおくん 簡単に説明をしましたけど、もう一つよく聞かれる質問があります。

 
いろはちゃん それは畳替えはいつ行うのがいいのか?どのようなサイクルで

        おこなうのがいいか?との質問もよく聞かれます。

 畳替えの目安


 畳替え・表替え・裏返しの目安


 これはあくまで目安ですが、一般的に(畳表・畳床の状態にもよりますが)

 
裏返しで2年位〜5年位まで

 
表替えで4年位〜7・8年位まで

 
新畳に入れ替えで15年位〜30年位まで(畳の使用状態やお部屋の環境にもよる)

 あくまで目安なのでいちがいにとは言えませんが、参考までにご検討下さい。


 いさおくんいろはちゃん畳替えを行う最良の時期についてまた次回お話出来ればと思います。

             では、またの機会にて、宜しくお願い致します。

             ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

                                 
tatamiya-kanai@tctv.ne.jp
サービス案内
営業案内
商品紹介
商品価格
施工実績
畳の話
畳のお手入れ
畳の対策
ヘリ無し畳
置き畳
カラー畳
有 職 畳
当店お勧め商品
洗える畳(きらり)
ちょっとおいでよ金井畳店
サイトマップ
お問い合わせ
会社案内

江戸は下町【台東区の畳屋】
株式会社 金井畳店

東京都台東区浅草橋
2−28−3

TEL (03)3851-3802
FAX (03)3866-7416

info@tatamiya-kanai.com


(株)金井畳店 千社札

未来への絆【江戸っ子 畳職人 物語】

未来への絆【江戸っ子 畳職人 物語】

お願い致します!!TOPに戻る

当日施工可能範囲(即日仕上げ) 

東京都|台東区/墨田区/江東区/千代田区/中央区/荒川区/足立区/板橋区/江戸川区/大田区/葛飾区/北区/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/世田谷区
       豊島区/中野区/練馬区/文京区/港区/目黒区/西東京市/府中市/調布市

千葉県|市川市/流山市/松戸市/習志野市/船橋市/浦安市

埼玉県|さいたま市/新座市/越谷市/川口市/草加市/八潮市

神奈川県|川崎市/横浜市           注)帖数によりお時間を頂く場合がございます。詳しくは営業案内のページへお願い致します。


TOP | 商品紹介 | 商品価格 | 商品詳細(新畳) | 商品詳細(新畳2) | 商品詳細(畳表替え) | 商品詳細(畳裏返し) | 新畳(料金表)

表替え(料金表) | 裏返し(料金表) | 施工実績 | 畳の話 | 畳のお手入れ | 畳の対策 | へり無し畳(琉球畳) | ヘリ無し畳(料金表)

置き畳 | 置き畳(料金表) | カラー畳 | カラー畳(料金表) | 洗える畳(きらり) | 有職畳 | ちょっとおいでよ金井畳店 | 大切なお客様の声

最高級畳表のページ | 畳表の出来るまで | 防虫加工処理 | 畳の詳細画像のページ | 会社案内 | お問い合わせ | リンク集 | サービス案内

営業案内 | 更新履歴 | 業者様はこちらへ | サイトマップ | 個人情報保護方針 | お客様よりアンケート | 畳のQ&A(問題) | 畳のQ&A(答え)

お勧め商品(一覧) | お勧め商品(新畳) | お勧め商品(表替え) | お勧め商品(へり無し畳) | お勧め商品(置き畳) | お勧め商品(カラー畳)




Copyright (c) 2007〜2011.Kanai Tatamiten All Rights Reserved