N寺様 紋縁表替え工事【東京都文京区】

 

東京都文京区にあるN寺様にて、紋縁を使った表替え工事を施工いたしました。

 

紋縁を使った仕事は、とても繊細な作業を求められますが、準備にしっかりと時間を費やし、無事に施工できました。

 

ご依頼頂き誠にありがとうございました。

M寺様 紋縁新畳工事 【東京都葛飾区】

 

紋縁を使った稲わら畳床の新畳を納入させて頂きました。千葉県産のしっかりとした畳床を、柱の芯に畳の敷き合わせが来るように寸法を調整して、畳床も寸法に製作を依頼し、紋縁を畳の寸法に合わせて製作させて頂きました。

 

H寺様 御本堂新畳入替・庫裏表替え工事【東京都台東区】

2017.11.2~12.5

約一か月間に渡り、台東区にあるH寺様の御本堂入替工事や、庫裏の畳の表替え工事をさせて頂きました。

昭和初期に建てられた大きな御本堂にて中京間サイズの畳が、無地縁が80枚・小紋高麗縁の畳は30枚ほどございました。庫裏の畳も100枚以上あり、三代目と二人で製作をさせて頂きました。

内陣には大紋高麗縁の置き畳と、枚数が多い分、非常に多くの経験を積むことが出来、感謝の気持ちで一杯です。

畳床は全て千葉県産の稲わら畳床に拘り、とても重量のある畳床でしたが、平らでしっかりとしたコシがある畳床は、これより多くの足元を支えていけると思います。

小紋高麗縁の紋合わせとしては略式での紋合わせとなりましたが、一角一角、全て手縫いで縫いとめ、小紋高麗縁の四分の一の柄をイメージして、紋合わせに細心の注意を払いながらの製作です。

今回の事を忘れずに、必ず次につなげて参ります。

お世話になりました関係各位の皆様、本当にありがとうございました。

K寺様 表替え工事【東京都台東区】

台東区にあるお寺様の畳を表替えさせて頂きました。畳の小口が非常に跳ね上がっておりましたので、しっかり締めなおして納品させて頂きました。

紋縁の縁の柄も隣り合う畳どうしで合わせています。

紋縁の仕事は難しいですが、合わせようとしないと会いませんので、紋縁の段取りから細心の注意で製作いたします。

へりに始まりヘリの終わる紋縁の仕事。とても勉強になりました。

S寺様 紋縁 新畳工事【千葉県野田市】

S寺様 紋縁 新畳工事

紋縁を使った新畳の製作を承りました。紋縁の仕事をする際には畳の四隅に必ず一紋綺麗に見えるように、新畳の場合、紋縁の寸法に合わせて製作が出来るために寸法を調節します。

※写真掲載の許可を頂きました。

泉岳寺様 新書院建立 新畳製作【港区】

泉岳寺様 紋縁新畳

港区にあります泉岳寺様より新書院建立事業に畳製作をご依頼頂き、製作させて頂きました。素材にこだわり、製作においてお部屋通しの見通しを合わせ、畳同士が隣り合う紋縁の施工にも細心の注意で施工させて頂きました。

この様な仕事に向き合う事が出来、感謝で一杯です。

ありがとうござます。

泉岳寺

泉岳寺(せんがくじ)様は、東京都港区高輪二丁目にある曹洞宗寺院

江戸三箇寺の1つ。

慶長17年(1612年)に徳川家康が外桜田に門庵宗関を招いて創建。寛永18年(1641年寛永の大火で焼失したが、将軍家光の命で、毛利浅野朽木丹羽水谷今川の6大名により、現在の高輪の地で再建された。

浅野内匠頭赤穂浪士が葬られていることで有名であり、現在も多くの参拝客が訪れる。また、毎年12月13日12月14日には義士祭が催される。

※写真掲載の許可を頂きました。

 

繧繝縁 礼盤(らいばん)製作【鎌倉市】

繧繝縁礼盤(らいばん)

鎌倉市にある妙本寺様より御注文を頂きまして、御本堂の中で拝礼の座具として使われる礼盤(らいばん)として製作させて頂きました。

「繧繝縁(うんげんべり)」

この繧繝縁(うんげんへり)とは、雛人形でおなじみのカラフルな模様の縁で
天皇・上皇・皇后などが用いるものとされました。又神仏像などでも用いられています。畳縁の中で位が一番位が高く、その気品ある趣きにとても神々しい美しさを感じます。

同じ色を濃から淡へ、淡から濃へと層をなすように 繰り返す彩色法。中国西域から伝わり、主に宝相華(ほうそうげ)などの文様を表す。赤・ 青・緑・紫などの色を用い、奈良・平安時代の仏画、寺院の装飾や染織などに用いられました。繧繝による彩色の間に花・鳥・菱(ひし)などの文様を配置した錦を繧繝錦と呼び、その錦を使った縁を繧繝縁と呼びます。