「FOOD & HOTEL THAILAND 2018」を終えて。

「FOOD & HOTEL THAILAND 2018」台東区様のお力を経て海外の展示会に参加させて頂いた今回の展示会出展を終えて、濃密でとても濃い日々を過ごさせて頂きました。

写真は最終日、畳のゴザでコースターつくりのワークショップの様子です。

言葉は通じませんが、通訳の方を通じてと私どものつたない英語のみで体験していただきました。反応は素直にとてもお喜び頂き、私も嬉しくあっという間の時間だったと思います。約40名の方に体験して頂いました。

このワークショップは昨年展示会に参加して、ただ商品を届けるだけではなく、自分で触れて見て感じて頂く事が大事だということ。伝えたいという気持ちから今回行うことができました。展示会にいたるまでも含め、大きなサポートを頂きました皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

畳という敷物が、海外でどのようなニーズに響くのか?多くの学びと可能性を感じています。今後学んだ事を活かすためには通らなければならないことも多く学んでいます。

幸いにも今回出展した弊社オリジナルの「薄いんだけど柔らかい」置き畳は全てお買い上げ頂き凄く嬉しいのと同時に、畳が様々な場所で活躍してくれると信じています。

今回実際にタイにて活躍されている多くの日本企業の方々とのご縁を得て、たくさんのご助言を頂き、今後の大きな財産となりました。そして二回だけですがタイという国に凄く魅力を感じ、あのエネルギーと人の優しい笑顔が忘れられません。

お世話になったすべての方へ、これよりも頑張ることで成長した姿を、結果をお見せできるように、精いっぱい頑張ります。

また、時を同じくした一緒に出展した台東区の出展企業の皆様との懇親も深まり、他の社長たちの商材に対する愛情や商談時においての行動力や姿に、大いなる刺激を頂いたことも、前回はじめ今回も参加してよかった大きな一つの要因です。若輩の自分たちに熱心に教えて頂き、本当にありがとうございます。凄く嬉しかったです。お近くですので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

最後に今回も心が折れそうになってもいつも横で支えてくれた金井の家内と、出張で長らく留守の間支えてくれた両親と愛弟子に感謝しています。

ありがとうございました。

「FOOD & HOTEL THAILAND 2018」一日目
「FOOD & HOTEL THAILAND 2018」二日目
「FOOD & HOTEL THAILAND 2018」三日目

日々の活動は上記に記しました。こちらよりご覧いただけましたら幸いです。

「Food&Hotel Thailand 2017」畳を出品。

 

 

こんにちは。

平成29年9月5日の夜中にタイに入り、9日の朝に帰国。とても暑い国、タイのバンコクに行って参りました。

今回は私の住む自治体、台東区の初の事業になる、海外での展示会出展事業にあたり、台東区選定6社の中に選んで頂きまして、「チーム台東区のものづくり」として、タイのバンコクで行われています

「Food&Hotel Thailand 2017」

に畳を出品させて頂く事になりました。展示会の様子です。

「チーム台東区のものづくり」選定6社の中には

・食品サンプル 「佐藤サンプル様」
・はし 「はし藤本店様」
・ケーキボックス 「本間商店様」
・桐箱 「箱義桐箱店様」
・カキ氷機 「高橋総本店様」
・畳 「金井畳店」

以上の様なお店で参加しています。

 

畳が現地の人にどの様に映るのか実際の目で見たかったのと、台東区に住む企業として、台東区のものづくりのアピールをして、その一躍を微力ですが担う事が出来るならと思い参加しました。

 

 

 

ホテルの中で、畳の部屋が出来たらいいなと思いますし、食品サンプルの文化のないタイではどの様に受け入れられるのか?カキ氷なんて暑いタイではどうかな?箸の文化は?美しい桐箱は?ポップで斬新なケーキボックスは?

 

考えると楽しくなり、他の出品者様たちの商品の素晴らしさにとても感銘を受けました。

 

展示会開催期間中に、今回の事業にたいしてサポートしてくださった方々と懇親会が行われた際に、今回の展示会に参加するにあたって台東区の職員の皆様がどれだけご努力をされて今に至っているのか、凄く実感しました。

 

初めてのことなので、実際に行動して形にするまで凄く御苦労された事だと思います。懇親会の席で思いをお聞きし、凄く感動致しました。台東区には素晴らしい文化や産業がたくさんあって、そんな魅力を伝える一躍を担える事。改めて身の引き締まる思いです。

 

 

実際に展示会での反応を体感して、畳やその他のものづくりにも、凄くよい反応を受けています。タイの人はこんな反応があるんだとか、様々なご意見を頂きました。またタイ伊勢丹のバイヤー様始め、初めてお会いする日系企業の多くの皆様とお話をさせて頂き、今後のヒントになる部分、海外での事業について核となる部分に気付くことが出来ました。

 

台東区様のご配慮により、JETRO様にタイについて教わり、信金中金様には海外での取引に対しての注意点やサポート体制などもたくさん教えて頂き、とても実りのある研修を受けさせて頂いております。

 

 

沢山の支えて頂ける人がいて、今回貴重な経験が出来る事。本当にありがたくおもっております。

 

ともに参加した台東区の企業の皆様との懇親も深まり、日本に帰っても各店協力し合って新しい「ものづくり」がコラボできそうで、とても楽しみです。外国で日本の産業がどのようにとらえられているのか?「もの・こと・ひと」がどのように海外の方に捉えられているのか?実際に肌に触れて実感したことは今後の大きな財産となります。今回タイに行って自分の目で見れたことは本当に行ってよかったです。

 

これからも台東区に住む企業として、日本の伝統産業を担う一員として、また畳や台東区の素晴らしいところをもっと発信出来るように、地に足をしっかりつけて今回の貴重な経験を活かし、さらに前進して参ります。

 

お世話になりました、台東区産業振興事業団の皆様を始め、台東区の職員様、現地通訳のスタッフ様始め、お教えいただきました全ての方に感謝申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 

 

※追記 金井の家内がいてくれて本当に助かりました。身近な人に一番感謝です。