四天付拝敷【足立区】

四天付拝敷3*3

四天付拝敷を半帖サイズにて、製作させて頂きました。

四天の現し方には様々な考え方があり、施主様とよく相談した上で、製作させて頂いております。

【四天付拝敷】

畳表1~3枚程度で、礼拝の座具となるもの。四天とは、四天王のことで東西南北の四方を守護する四神のことです。

東に持国天王  (冶国安民)
西に広目天王  (千里眼)
南に増長天王  (万物の生と知識を生み出す神)
北に毘沙門天王 (北方の仏の道場を守り、常に説法を聞いているので多聞天ともいう)

四天における紋の数については、7・5・3紋で表す。7・5・3というのは人生の厄年を表す数字で、それを払うために四天をつける。場合により、以外の数で四天を表しても役目に支障はない。

繧繝縁 礼盤(らいばん)【佐野市】

繧繝縁 礼盤

繧繝縁を使用した礼盤(らいばん)を二台、繧繝縁の配列模様を上下、左右合わせる形で、指定寸法にて製作させて頂きました。

「繧繝縁(うんげんべり)」

この繧繝縁(うんげんへり)とは、雛人形でおなじみのカラフルな模様の縁で
天皇・上皇・皇后などが用いるものとされました。又神仏像などでも用いられています。畳縁の中で位が一番位が高く、その気品ある趣きにとても神々しい美しさを感じます。

同じ色を濃から淡へ、淡から濃へと層をなすように 繰り返す彩色法。中国西域から伝わり、主に宝相華(ほうそうげ)などの文様を表す。赤・ 青・緑・紫などの色を用い、奈良・平安時代の仏画、寺院の装飾や染織などに用いられました。繧繝による彩色の間に花・鳥・菱(ひし)などの文様を配置した錦を繧繝錦と呼び、その錦を使った縁を繧繝縁と呼びます。

 

四天付拝敷【新宿区】

四天付拝敷

お寺の御本堂に拝礼の座具として使われる敷物になります。

今回の製作は白中紋での製作となりました。裏面も一紋綺麗に出るよう製作いたしました。

【四天付拝敷】

畳表1~3枚程度で、礼拝の座具となるもの。四天とは、四天王のことで東西南北の四方を守護する四神のことです。

東に持国天王  (冶国安民)
西に広目天王  (千里眼)
南に増長天王  (万物の生と知識を生み出す神)
北に毘沙門天王 (北方の仏の道場を守り、常に説法を聞いているので多聞天ともいう)

四天における紋の数については、7・5・3紋で表す。7・5・3というのは人生の厄年を表す数字で、それを払うために四天をつける。場合により、以外の数で四天を表しても役目に支障はない。

繧繝縁(うんげんべり)厚畳・茵(しとね)製作【台東区】

繧繝縁(うんげんべり)厚畳・茵(しとね)

特殊な繧繝縁(うんげんべり)厚畳・茵(しとね)を製作させて頂きました。

【繧繝縁厚畳とは?】

この繧繝縁(うんげんへり)とは、雛人形でおなじみのカラフルな模様の縁で天皇・上皇・皇后などが用いるものとされました。のちには皇族一般が用いるようになりました。また神仏像などでも用いられています。畳縁の中で位が一番高い畳縁になります。

【茵(しとね)とは?】

平安時代より使われた殿上人の敷物で現在では寺院などで使われています。茵は、歴史の中で綿入りの畳から、現在の布団と稲藁で造られた畳に分かれる原型であったことが窺(うかが)えます。

繧繝縁 礼盤(らいばん)製作【鎌倉市】

繧繝縁礼盤(らいばん)

鎌倉市にある妙本寺様より御注文を頂きまして、御本堂の中で拝礼の座具として使われる礼盤(らいばん)として製作させて頂きました。

「繧繝縁(うんげんべり)」

この繧繝縁(うんげんへり)とは、雛人形でおなじみのカラフルな模様の縁で
天皇・上皇・皇后などが用いるものとされました。又神仏像などでも用いられています。畳縁の中で位が一番位が高く、その気品ある趣きにとても神々しい美しさを感じます。

同じ色を濃から淡へ、淡から濃へと層をなすように 繰り返す彩色法。中国西域から伝わり、主に宝相華(ほうそうげ)などの文様を表す。赤・ 青・緑・紫などの色を用い、奈良・平安時代の仏画、寺院の装飾や染織などに用いられました。繧繝による彩色の間に花・鳥・菱(ひし)などの文様を配置した錦を繧繝錦と呼び、その錦を使った縁を繧繝縁と呼びます。

繧繝縁厚畳 製作【荒川区】

繧繝縁厚畳

京間サイズにて繧繝縁厚畳を2台、製作いたしました。

「繧繝縁(うんげんべり)」

この繧繝縁(うんげんへり)とは、雛人形でおなじみのカラフルな模様の縁で
天皇・上皇・皇后などが用いるものとされました。又神仏像などでも用いられています。畳縁の中で位が一番位が高く、その気品ある趣きにとても神々しい美しさを感じます。

同じ色を濃から淡へ、淡から濃へと層をなすように 繰り返す彩色法。中国西域から伝わり、主に宝相華(ほうそうげ)などの文様を表す。赤・ 青・緑・紫などの色を用い、奈良・平安時代の仏画、寺院の装飾や染織などに用いられました。繧繝による彩色の間に花・鳥・菱(ひし)などの文様を配置した錦を繧繝錦と呼び、その錦を使った縁を繧繝縁と呼びます。

 

厚みのある特殊な四天付拝敷【墨田区】

四天付拝敷

特殊な形の四天付拝敷を製作いたしました。木枠の中に落とし込むタイプでの施工になります。紋の現し方には、様々な考え方があると思われ、施工する際によく確認してからの施工に努めて参ります。

茵(しとね)製作【上山市】

茵(しとね)

遠方よりご注文いただきまして、製作後郵送させて頂きました。

「 茵(しとね) 」

平安時代より使われた殿上人の敷物で現在では寺院などで使われています。茵は、歴史の中で綿入りの畳から、現在の布団と稲藁で造られた畳に分かれる原型であったことが窺(うかが)えます。茵の構造は綿入りの畳です。畳表を5枚重ね、鏡と呼ばれる中央の部分には、綿を載せ、白地の大和錦を被せます。そして周りのへりの部分には、四方に赤地の大和錦の中に、綿を入れて製作します。(※昔は生地の織り幅が狭く、幅の広い生地がないために真ん中の鏡の部分は継いでいたそうです。)

大紋高麗縁 四天付拝敷【練馬区】

四天付拝敷

練馬区にあります、仏具店様よりご注文いただきました。大紋高麗縁を使用した四天付拝敷です。

【大紋高麗縁とは?畳の縁とは?紋縁とは?】

室町時代後期、身分による縁の使用を定めたという記述が残っているそうで、最高権威の天皇・三后・上皇は「繧繝縁」「大紋高麗縁」という物は親王・摂関・大臣。「小紋高麗縁」は公卿。「紫縁」は殿上人。と位によって縁は決められていたそうです。

 

【四天付拝敷】

畳表1~3枚程度で、礼拝の座具となるもの。四天とは、四天王のことで東西南北の四方を守護する四神のことです。

東に持国天王  (冶国安民)
西に広目天王  (千里眼)
南に増長天王  (万物の生と知識を生み出す神)
北に毘沙門天王 (北方の仏の道場を守り、常に説法を聞いているので多聞天ともいう)

四天における紋の数については、7・5・3紋で表す。7・5・3というのは人生の厄年を表す数字で、それを払うために四天をつける。場合により、以外の数で四天を表しても役目に支障はない。

茵(しとね)製作【台東区】

茵(しとね)

台東区にあります同業者様より御注文いただき、茵(しとね)を製作させて頂きました。

「 茵(しとね) 」

平安時代より使われた殿上人の敷物で現在では寺院などで使われています。茵は、歴史の中で綿入りの畳から、現在の布団と稲藁で造られた畳に分かれる原型であったことが窺(うかが)えます。茵の構造は綿入りの畳です。畳表を5枚重ね、鏡と呼ばれる中央の部分には、綿を載せ、白地の大和錦を被せます。そして周りのへりの部分には、四方に赤地の大和錦の中に、綿を入れて製作します。(※昔は生地の織り幅が狭く、幅の広い生地がないために真ん中の鏡の部分は継いでいたそうです。)