「職業体験学習」を終えて

地元浅草中学校の二年生の授業の一環で、「職業体験学習」という授業があり、三日間、長いようであっという間の日々でした。

縁あって弊社に訪れた二人は、バスケットボール部員。26年前の私が在籍した部活の後輩でもあり、娘とも同級生。不思議な縁を感じました。

初日は座学から始まり、畳のお話が中心。その後作業場へ行き、畳を手縫いで縫う作業をし、浅草まで畳の引き上げ。帰ってきてからミニ畳作りをし、一枚仕上げました。

二日目は欠けた包丁を二人で研いで、午後から畳の張替え作業を、畳製作機械を使用し製作いたしました。

三日目は朝から手縫いでゴザを製作して、寝茣蓙をミシンなどを使いながら一枚仕上げました。

初めて受け入れるということもあり、戸惑うことも多々ありましたが、今思えば楽しい時間であっという間だったように思えます。

娘と同じ同級生の男子はどんな感じなんだろうと素直に興味があり、いろいろ話をしていく中で、しっかりしている部分とあどけなさが残る部分と、たくさん触れ合い感じることができました。

暑い中、頑張ってくれました。元気よく頑張ってくれてとても嬉しかったです。

これからも様々な人に触れていろんなことを感じながら、元気よく二人らしく成長をしてくれることを心より願っています。

お疲れ様。

追伸 まだあのアパートは引き上げられません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.